せっかく日本人に生まれたのなら、和風の結婚式にしてみませんか

今、和風の結婚式が熱い

結婚式のスタイルと言えば定番となっているのは、教会で挙式をするいわゆるキリスト教式です。日本ではキリスト教の信者は非常に少ないのですが、挙式はキリスト教式が定番という興味深い現象です。そうした中で今まで古臭いと敬遠されてきた和風の結婚式に、にわかに注目が集まっています。背景には昨今の日本文化を見直す動きと、社会不安などから神道や仏教への精神的な救いを求める動きなどがあります。いずれにせよ和風の挙式、和婚のニーズというのが高まっているのです。

和婚の代表的な存在の神前結婚式

和風の結婚式として一番知られているのは、神社や式場の神殿で行われる神前式です。日本伝統の挙式スタイルとして、海外の人からも認識されている、まさに日本らしい挙式の代表とも言えます。実は意外にも神前式が誕生したのは明治時代になってからで、比較的新しい挙式スタイルなのです。しかし、その原型となっているのは大正天皇(当時は皇太子)のご成婚の儀であり、歴史は新しくも由緒正しい挙式スタイルです。式場だけでなく多くの神社で挙式できますが、大きな神社では独自に式場を設けているところもあり、そうしたところなら挙式から披露宴まで一貫して行えるメリットがあります。

仏前結婚式という選択肢もあります

和の結婚式には仏前式という挙式スタイルもあります。その名が示す通り、お寺などで挙式します。神前式に比べるとマイナーな印象を受けますが、実は神前式よりも先に和の結婚式として整えられました。式場でも対応しているところはありますが、神前式に比べると割合は少なく、多くの場合は新郎新婦にゆかりのあるお寺で行われています。仏教の場合には宗派が色々あるので、両家の宗派が違う場合には事前に調整が必要という側面があります。神前式とは違ったお寺特有の雰囲気の中で執り行われる挙式スタイルは、個性的な式を挙げたい人にもおすすめです。

立地の良い結婚式場を東京で見つけることができます。立地が良いとアクセスもしやすいので大勢の友人に祝ってもらうことができます。

by